Home > 葉山の景色 > 夏の砂浜のオブジェたち。

夏の砂浜のオブジェたち。

夏休みの海水浴場は、子どもたちが主役。

やっと、ビーチが静かになってきて、夜の海の家がにぎわいだす頃に、
波打ち際美術館が開館する。

ss0816045.jpg

砂浜のキャンパスで描く、子どもたちのアート展。
入場料は無料。


ss08160049.jpg


ss0816046.jpg

せっかく作ったのにちょっと大きい波でお城が崩れた。

ss0816048.jpg

そして、砂の中に消えていく。
まるで忽然と姿を消した古代中国の砂漠のお城、楼蘭遺跡のように。

ss0816050.jpg

こっちにもいくつものオブジェがあった。

ss0816100.jpg


ss0816113.jpg


潮が満ちてくると、役目を果たし作品は砂に帰る。

ss0816114.jpg

それでも子どもたちは、夢中でオリジナルを作り続ける。
まるでピカソか、はたまたミケランジェロがのりうつったかのように。
中には、未来の岡本太郎もきっといるだろう。


ss0816102.jpg

夏の砂浜は、子どもたちの自由なキャンパス。
美術の授業よりも何倍も目が輝いているんだろな。


ss0816126.jpg

夏の砂浜。
明日は、どんなアーティストが訪れるんだろう。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/40
Listed below are links to weblogs that reference
夏の砂浜のオブジェたち。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山の景色 > 夏の砂浜のオブジェたち。

Feeds

△ページ上部へ