Home > 葉山のお店 > | 葉山の手土産 > | 葉山の生活/小ネタ > 葉山人の足、「げんべい」のビーサン。

葉山人の足、「げんべい」のビーサン。

葉山のアイデンティティって? と聞かれたら
"ビーサン"と答えるかもしれない。

365日、24時間、季節が移ろうが関係なく、
子供からお金持ちそうな人まで足元はきまってこれだ。

ssssR0014035.jpg

そんなビーチサンダルの聖地、ビーサン屋「げんべい」。

ssssR0014033.jpg

POSシステムとかまったく関係なく、無造作に積み重ねられたビーサンの山。
この山を眺めると、誰しもすぐに子供に戻ってしまう。
まるで砂浜でやる棒倒しのように。

ssssR0014034.jpg

12種類の台と鼻緒10色から好きな組み合わせを選ぶことができる。
まだ見ぬ、究極の一足を探し求めて。


ssssR0014155.jpg

やっぱり、ビーサンはビーチが似合う。
潮風と海水でとっても気持ちよさそう。

ssssR0014158.jpg

イギリス人がジョン・ロブやエドワードグリーンの靴にこだわるように
葉山人は、ビーサンにこだわり、こよなく愛す。

きっと、
雨の日には雨の中を
風の日には風の中を
そして、当然晴れの日にはビーチを歩くだろう。


●ゲンベイ商店(ビーチサンダル専門店)

※↓本店は移転しました。HPをチェック。

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内389
HP 通販サイト


TEL:046-875-2117
※電話でのご注文は受けていません。
FAX:046-876-2900
(定休日は毎週月曜日/AM9:00~PM7:00)
JR横須賀線 逗子駅
行き方:京急バス乗り場一色海岸行き「元町」下車すぐ
駐車場 3台
雑貨げんべい 、衣料げんべい 、 一色げんべいの3店舗(HPで確認)がある。


<移住者目線>

創業は江戸時代のげんべい商店。
一見、ひなびた海辺の商店だが、ユーミンが気に入ってはいていることで一躍有名に。
雑貨も多く売っているので、地元民にはコンビニ的なお店。

価格は一足1,000円。葉山のお土産に買っていく人も多い。

BEAMS、ニコン、ホンダ、東鳩、福助といった、さまざまな企業とコラボして
ダブルネームのビーサンを作っているらしい。(※市販していません)

HPにも掲載されているが、日本人に合わせて甲高の鼻緒にしたり、
素材にこだわったゴムを使うなど、「健康、素材、こだわり」をテーマに
ビーサンづくりをしている。
通販もやっているので日本全国、世界中のオファーに応えている。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/44
Listed below are links to weblogs that reference
葉山人の足、「げんべい」のビーサン。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山のお店 > | 葉山の手土産 > | 葉山の生活/小ネタ > 葉山人の足、「げんべい」のビーサン。

Feeds

△ページ上部へ