Home > 葉山のカフェ・スイーツ > | 葉山の手土産 > オーガニックなお店「Beach muffin」。

オーガニックなお店「Beach muffin」。

葉山小学校から御用邸がある海に抜けるR134を
車で通るたびずっと気になっていた、
ブルーのエンジェルたちがパタパタと翼を広げて集まっている、
謎の壁のお店。


s20100220R0015590.jpg

その正体は、オーガニックの材料を使って、おいしいマフィンやベーグルをつくる
葉山の小さなベーカリー「beach muffin」。

s20100220R0015587.jpg

まるで海の家かと思うような手作り感あふれるポップな外観。
お店も小さいし、一見ちょっと入りずらい。

s20100220R0015585.jpg

中に入ってみるとマフィンやベーグルや自然食品の材料がきれいに並んでいる。
それをうまく演出する、内装や手書きのラベルなどが
これまたとてもおしゃれでかわいい印象を与える。
そして、接客してくれる女性のステキな笑顔にホッとする。


s20100220R0015586.jpg

レモングラスのハーブティを出していただき、ちょっと立ち話。
聞くと、すべて有機栽培や無農薬の材料を使って作るホームメイドで、
ほとんどのマフィン、ケーキ、パイなどには動物性のものを全く含んでないとのこと。
卵やバターを使わずに、マフィンも豆腐や豆乳ベースで作るマフィン。


s20100220R0015591.jpg

いっぱいある中から、
アールグレイとりんごのマフィン(286円)とトーフチョコバナナマフィン(286円)をチョイス。
袋もかわいい。小窓から見える、まるで豆乳マフィンの兄弟。

s20100220R0015599.jpg

このマフィン、体にいいだけじゃなく、本当においしい!
特に、チョコバナナマフィンは、バナナのやさしい甘みとカカオの甘さがちょうどよく、
冷めてもモチモチとしたやわらかな生地とマッチして、2、3個一気にいけそうなおいしさ。


s20100220R0015608.jpg

最近、巷でオーガニックや有機野菜という言葉があふれている。
田舎育ちの身としては、いろんな面での無農薬の難しさと
値段の折り合わなさ、スタイルに走りすぎていることに、
どうも違和感を感じていた。

でもこのマフィン、能書きを抜きにして、素直においしい。
きっと、作り手が自然体で、やさしいメッセージがつまっているからだろう。


●ビーチ・マフィン (Beach Muffin)

TEL 0468-75-0521
住所 神奈川県三浦郡葉山町一色1462 (※2011 夏頃移転しました。 HPをチェック!)
営業時間 11:00~18:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜・火曜・水曜
駐車場:なし
アクセス:R134沿い。長柄の交差点から御用邸方面に向かい、葉山大道の信号の
手前右手。道をはさんで文教堂書店の斜め向かい。
ホームページ http://www.beachmuffin.net/


<移住者目線>

(2011.10更新) 一色にあったお店は、逗子に移転しました。
駐車場は2台分あります。場所は、HPをチェック!


オーナーは、1991年にオーガニック食品の輸入する会社を設立したクラウチマリコさん。
1997年にメールオーダーOrganic Planetのネット通販を開始と共に、
お菓子教室Mariko's Healthy Classを各地でスタート。
2002年に葉山にビーチに出店したいという想いをこめてBeach Muffinをオープン。

月に2回お菓子づくり教室を開催。(レッスン料3500円~4500円+材料費)
※要予約&参加費支払いで申込完了。
通常クラスの他に個人、グループに充てた「プライベートキッチン」も開催。


s20100220R0015582.jpg

トラックバック:1

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/66
Listed below are links to weblogs that reference
オーガニックなお店「Beach muffin」。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA
【番外編】逗子にあるマフィンの専門店で買ったマフィン from 横浜ブログ 2012-12-20 (木) 22:31
先日、横浜市のとなり町、逗子市に行く用事があり、事前に調べていたマフィンの専門店に立ち寄ってきました。 こちらがそのお店。 「ビーチマフィン(bea...

Home > 葉山のカフェ・スイーツ > | 葉山の手土産 > オーガニックなお店「Beach muffin」。

Feeds

△ページ上部へ