Home > 葉山のグルメ > | 葉山のビーチハウス > | 葉山の生活/小ネタ > 森戸海岸の伝説の海の家「OASIS」。

森戸海岸の伝説の海の家「OASIS」。

伝説といえば、1986年6月22日、ワールドカップ・メキシコ大会準々決勝 対イングランド戦。
あのマラドーナの「伝説の5人抜き」がまっさきに頭に浮かぶ。

実はその5年も前、今から30年も前にこの葉山の地に小さな伝説がはじまっていた。
森戸海岸にある海の家の「オアシス伝説」。

s20100720513.jpg

海の家といえば、店先には大量の浮き輪が並び、畳にあがると
ビールのポスターに、昔ながらの扇風機が首を振る。
食べ物といえば、焼きそばや焼トウモロコシ、冷し中華に、かき氷。
流れる音楽は決まって演歌か夏メロ。
これが子どもの頃からすりこまれた夏の風物詩、海の家の風景。

sss20100820R0017216.jpg

そんな定説を30年前からうち破り、竹とトタンとべニア板の中に、
オリジナルのコンセプトと魂を詰め込んで、新しい発信を続ける海の家。
森戸海岸を知らなくても、なぜかみんなこの海の家を知ってたりする。
その名は、「 オアシス」。
一見、ただの掘っ立て小屋を「伝説の海の家」と呼ぶ。


s20100710047.jpg

この海の家、海の家というよりも、カフェ、それともバー、いや居酒屋。
いやいや、ライブハウスかダンスホール、 シェアハウスに児童館?
はたまた情報発信基地?
すべて、イエスといえばイエス。ノーといえばノーかもしれない。
とにかく夏限定のこの場所に、ローカルはもちろん
いろんなところから人が吸い寄せられてくる。当然、山や海から虫たちも。
中には、仕事に疲れた人や旅人、すでにその道のレジェンドなんかもいたりする。


sss20100710217.jpg

昼間は居心地のいいビーチハウス。
風通しのいいカフェスタイルで、リラックスした空間。
海を眺めながら、ひょうたんスピーカーから流れるゆるい音楽を聴いていると、
バリかどこか南国のビーチにいるような爽快な気分になる。


sss20100710226.jpg

それで昼間からこの空間で飲むビールは最高!
話もはずみ、ついつい時間の感覚がなくなってしまう。
頭の片隅にひっかかっていた仕事の懸念事項はどこか遠く彼方へ。

sss20100815R0017176.jpg

そうこうしているとだんだん日が落ちてきて、
海岸は別の表情にかわっていく。


s20100720105.jpg

そして、とっぷりと日が沈んだ頃になると、
くらーい海岸に浮かびあがったこのなにやら怪しい光に誘われて、
昼間以上の人たちが一人、また一人とやってくる。

s20100720103.jpg

もしや、常連さんたちばかりでは? という不安をよそに
数分たつとそんなこたーどうでもよくなり、しぜんに溶け込んでしまう。
中には、30年前から来ているようなレジェンドクラスの人や
東京から連れてこられた一見さん、
業界人? て人やちょっと怖そうな外人さんもいたりするけど、
小さいことはどうでもよくなってくる。
たとえるなら、キャンプファイヤーを囲んだときのあのわくわく感が近い。

s20100720108.jpg

そうこうしているうちに、ライブがスタート!
アーティスト名はわからない。
ただ、気持のいい音楽に自然と体が動き、リズムをきざむ。
ここに夜な夜なぶらりとすごいアーティストがやってきたりする。
ときにMOOMINの声に癒やされ、Peace-Kの演奏に酔うこともある。
子供のころにここに連れてこられていたら、音楽やってたかもな......。
など簡単にインスパイヤされ、ドネーションを麦わら帽子の中へ。

s20100720110.jpg

そういえば、飲んでばかりでなにも食べてない。
腹が減ってきたら、きまってエスニック系の食事をする。
また出てくる料理がうまい。
日替わりもあって、この日は、精進マーボーナス丼といろいろ野菜のすーぷ。
でも、やっぱりタコスかカレーと迷って、結局タコライスを注文。

ss20100720115.jpg

タコライスは、メキシカンな一品。
野菜がたっぷりでキャベツの上に、ひき肉とトマトその上にアボガドとチーズが
トッピングされていて、その上からサルサソースがかけてある。
この組み合わせが絶妙でペロリと完食。


s20100720124.jpg

お腹が満たされたらまたお酒。
このスパイラルがとまらない。
ビール、カクテル、焼酎、泡盛までなんでもある。
小腹のツマミを求めて、まま処cafeへ。

ここには、定番の焼きソバやオアシスカレーの他に、ツマミ類がいっぱいある。
酒飲みのハートをつかんではなさない、ある意味OASIS内のオアシス。
今年は手作り豆腐(OASIS豆腐)も食べられる。

s20100720123.jpg

こうして毎晩、潮風と心地よい音楽とアルコールが頭の中でシェイクされ、
まったりとOASISの夜が過ぎていく。

そもそもコンセプトなんてないのかもしれない。
名前のとおり、ちょっと立ち寄れる憩いの場なのかもしれないし、
砂漠の果てにある生命の源というべき貴重な場所かもしれない。
ちょっと深く考えすぎで、蜃気楼の中に浮かぶただのまぼろしというオチもありゆる。
ひょっとして疲れた人にしか見えない夏の幻!?

いずれにしても、今年で30年目の夏。
毎年夏にこのオアシスを訪れて、疲れを癒し、エネルギーをもらい英気を養い、
またそれぞれの世界に旅立っていく。
旅人たちにとっては、きっと本物のオアシスなのかもしれない。

まちがいなく、ここは伝説の海の家だ。


●海の家 オアシス(2010 7/10-8/29)
11:00am-23:00
神奈川県三浦郡葉山町堀内 森戸海岸
TEL:046‐876-3812 ※期間中のみ
http://www.oasis-jahnodebeach.jp/

2010ライブスケジュール
http://www.oasis-jahnodebeach.jp/july.html

駐車場はなし。近くのコインパーキングを利用。

アクセス
■バス
 JR横須賀線逗子駅前の3番乗り場から「葉山一色行き」に乗り
 「森戸海岸」もしくは「森戸神社」バス停で下車してください。

<移住者目線>

日によってアーティストがかわるので、ライブのスケジュールをHPからチェック。
ライブの演奏料は、ドネーション方式。投げ銭式です。
日本のレゲエ界で有名なHOME GROWNはここから誕生した。

「coya」カフェ のフードコーディネーター、根本きこさんがお店の料理で参加している。
*その間、7~9月は休みの予定。営業日、時間など詳しくはHPを参照。
→2011.7.10 更新 根本きこさんは、家族で沖縄に移住したとのことで、今年はわかりません。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/95
Listed below are links to weblogs that reference
森戸海岸の伝説の海の家「OASIS」。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山のグルメ > | 葉山のビーチハウス > | 葉山の生活/小ネタ > 森戸海岸の伝説の海の家「OASIS」。

Feeds

△ページ上部へ