Home > 葉山の生活/小ネタ > 葉山釣り日誌。(自給自足への道2)

葉山釣り日誌。(自給自足への道2)

灼熱の夏日が予想される週末。
もう一眠りしたい気持ちをおさえて、
早朝から自分を奮い立たせ、たたき起きた。

埃のかぶった釣り竿を握りしめて向かった先は、一色海岸近くの釣りポイント。
久しぶりの葉山の釣り日誌。自給自足生活への道のり第二弾。

sss20100815R0017131.jpg

ポイントにつくと、すでに早朝から釣り人でにぎわっていた。
さすが、釣り吉の朝は恐ろしく早い。
海のコンディションは、風もなく、フラットな状態。

sss20100815R0017134.jpg


今日のターゲットは、サバやアジやイワシなどの青物系。
夕食にならぶ刺身と焼き魚を想像しながら、
簡単な仕掛けで誰でもいろんな魚が釣れちゃうという噂のサビキ釣り!
まずは、サビキの仕掛けを念入りに仕込む。

sss20100815R0017139.jpg


そして、1回に3~4匹なんていう鯉のぼり状態を想像しながら、タックル開始。
早朝の海風を感じながら、釣り糸をたらすのは超気持ちいい。

sss20100815R0017148.jpg


1時間経過。ピクリともあたりはなし。
アミかごに撒き餌のコマセをつめること数十回。
マキエ杓で魚影は見てるのにまったくかからない。
コマセエビを仕掛けに付ける工夫をするもエビだけとられてしまう。
なにか理由があるはずとよくよく考えるもこれといった解決方法はなく、
時間ばかりすぎていく。
やはり釣りは、忍耐力。
開高健も言っていたような。


sss20100815R0017143.jpg


やっとヒット。
と思ったら、毒がある嫌われ者のゴンズイ。
背びれの一番前の棘が強い毒を持っているので触らないように遠くから恐る恐るリリース。
なんかちょっと嫌な予感。


sss20100815R0017152.jpg

だんだん、日が高くなってきて、まわりのファミリーはなぜかバンバン釣りはじめている。
どうやらイワシの群れがきているようだ。
今度こそと握る竿に力がはいる。
そして、ついにヒット!
今度こそという期待を裏切りこんどはフグ。
これにはテンションが急下降。
それにしても、隣の子供が相変わらず、バンバン釣りあげもう感動すらしていない。
ゆとり教育の弊害か? 
いや、単なるこちらのジェラシー!? 


sss20100815309.jpg

ならば、ここは小さい頃、釣りキチ三平を全巻持っていたというプライドを投げ捨て、
百歩譲ってバンバン釣りあげている隣の子供の仕掛けをマネすることに。
ウキをつけ、コマセエビを仕掛けにつけるのもやめて、
シンプルなサビキ仕掛けに戻し、再チャレンジ。

sss20100815R0017170.jpg

すると間もなく、ついに狙っていたイワシをゲット。
正直、目にはうっすら涙が......。
イワシが、サンマにも見え、マグロにも見えてきた。
しかしながら、時はすでに13時をまわり、そろそろ潮時。

釣りは、本当に奥が深く、こちらが思うほど甘くない。
今回は、自分が隣の子供たちの完璧にコマセ状態だった。


一匹の貴重なイワシと照り返しで軽くやけど状態になった日焼けをゲットして、
川釣りは得意なんだけどな......など自分に言い訳をしつつ、
うなだれながら来た道を帰る。

自給自足生活への道のりはやっぱり険しい。つづく。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/98
Listed below are links to weblogs that reference
葉山釣り日誌。(自給自足への道2) from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山の生活/小ネタ > 葉山釣り日誌。(自給自足への道2)

Feeds

△ページ上部へ