Home > 葉山の生活/小ネタ > ホームライナー逗子が夜空をかける。

ホームライナー逗子が夜空をかける。

クリスマスイヴの夜。
ちょっと早く仕事をあがり、時計を見るとまだ20時ちょとすぎ。

ss20101224698.jpg

もしかしたら、間に合うかも?
あの美しく彩られた特急型のフォルムを想像しながら、
クリスマスのデコレーションが輝く商業施設を足早に歩く。

ss20101224659.jpg

前を歩く二人。完全に躍らされているラブラブなカップル。
運悪くエスカレーターを通行止めに。
つなぐ手の真ん中を割って歩きたい衝動をおさえて、うしろからカタカタとイライラアピールをするが、まったく動じない。完全に聖なる世界に入ってしまっている。

やっと、オーバーラン気味にかわし、前から歩いてくるどこぞの酔いどれ軍団を
マトリックスばりにかわしながら進む。

なんで、東京はこんなに人が多いんだ、首都移転もありだなとドーナツ化現象を
改めて肌で感じながら更にスピードアップ!

ショートトラックの韓国の選手をイメージして、カーブはインを攻める。
曲がると駅に直結する最後の直線。直線で急加速しながら、
これなら間に合うと確信し、一瞬冷静さを失う。

そこをつかれ、横目に黄色と赤の看板が視界に飛び込んできた。
NEWDAYS!?
と言ったら、ビール!
寄っていく? それともガマン?

一瞬の迷いをよそに、次の瞬間には改札ではなく、店内に飛び込んでいた。
通い慣れた、お酒&おつまみコーナーに行き、すぐさま冷えたビールをつかみとる。
ツマミは、お約束のかわきもの。

ここまで、それほどロスはない。
間違いなく大丈夫だと自問自答しながらレジに向かう。
そこには、同じことを考えていそうなサラリーマンが列をなしている。
うわー、やっちゃったか⁉
しかも、小銭を一枚一枚出したり......。手間のかかるレジ横の商品を注文したり......。
この時間のスローライフは御法度だろ!
などと心でシュプレヒコールをあげながら、お手本とばかりにSuicaでピピッと決済を済ませ、
ダッシュで改札を駆け抜けた。

CMならこの辺で、山下達郎のBGMがかかる頃。
東京駅の地下にある横須賀線に続く、なんとも深いエスカレーターをすべりおり、
欽ちゃんばしりで左折。
ホームライナー券売り場にたどり着いた!

残り12席。
ふー、かなり危なかったけど、ぎりぎりセーフ! 

ss20101224769.jpg

500円玉を投入して、安住の地をゲット!
懐かしい紙のきっぷを握りしめ、指定の車両に今度は威風堂々と闊歩する。

そこに待っていたのは、僕らのシンデレラエクスプレス。
ホームライナー逗子号。

ss20101224661.jpg

深津絵里やら、牧瀬里穂の出番はまったくなかったが、シートを倒して、
2人掛けの席にどっかりと座る。
そして、何回やっても学習しないビールの泡攻撃でびしょびしょになりながら、
ツマミをぱくつく。

ss20101224663.jpg

この何気ない光景が、どれだけ快適で、どれだけ癒され、
そして、どれだけ贅沢な時間であるかは、
長距離通勤をしている人でないとわからないだろう。

東京駅から逗子まで一本で帰れ、
乗れば着くという、まさにサラリーマンのシンデレラエクスプレス。

ss20101224664.jpg


ss20101224768.jpg

聖なる夜、夜空に飛び出して行きそうな、電車。
ホームライナー逗子号。

今日は、いったい何人の酔いどれサンタを運んでいるのだろうか。

●おはようライナー逗子・ホームライナー逗子(横須賀線)

運転区間:東京駅 - 逗子駅
使用車両:E257系500番台


<移住者目線>

逗子発着は、1日に1往復のみ。
おはようライナー逗子・ホームライナー逗子。

ホームライナーに乗車するには、乗車券(定期券を含む)の他に乗車整理券またはライナー券(500円)が必要。これらの料金券は座席を指定しないものの、座席分の枚数しか発売されないため、必ず着席が保証される。


トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/114
Listed below are links to weblogs that reference
ホームライナー逗子が夜空をかける。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山の生活/小ネタ > ホームライナー逗子が夜空をかける。

Feeds

△ページ上部へ