Home > 葉山のお店 > | 葉山のカフェ・スイーツ > | 葉山のグルメ > engawaでふれあう、心温まるランチ。

engawaでふれあう、心温まるランチ。


太陽の光が最高に気持ちいい冬の或る日。
久しぶりに代休がとれたので、平日しかいけないところはないかと考え、
海岸通りから入り、細い路地を歩いて、一軒のお店に向かった。

SS20101205679.jpg

予約してなかったので、ちょっと不安だったが、
お目当ての店、engawa(engawa cafe & restaurant )の味な門は
どうぞとばかりに開いていた。


SS20101205628.jpg

門をくぐると、どこにでもあるようで、
もはやどこにでもない、きちんと整備された古民家があった。

SS20101205634.jpg

玄関を開けず、このまま縁側に座って、日向ぼっこしながら、
お茶でもすすって、しばしもの思いにふけりたいくらい気持ちのよい処。


SS20101205645.jpg

静かに扉を開けて中に入る。
玄関で昔懐かしい木のにおいをかいだ。
古いがきれいに整頓されていて、気配りが行き届いていることがここでわかる。

s20101203R0017902.jpg

入ってすぐのところには、床張りに黒いチェアが印象的の
モダンなテーブルがいくつかある部屋があり、
縁側に面した大きなガラス窓の近くは、自然光がまぶしいほどふりそそいでいる。

s20101203R0017897.jpg

ローテーブルが置かれた、奥の落ち着いた座敷の部屋に通される。
ここはここで、あぐらをかいてまったりとできる空間。
真ん中だけガラスになっている最近見なくなったデザインの障子、
組子の細かさと和紙の白さがとても印象的。

ss20101205643.jpg

ミントの葉が浮いている、いい香りのするお水をいただきながら、
ランチメニューから「縁側」2,000円をそれぞれ、
メインが「特製デミグラスソースの和風オムライス」と「engawaスパイシー鶏カレー」を選ぶ。

SS20101205649.jpg

まずは、「季節を感じる三種の小皿」。
「サンマのコンフィ」は、骨までやわらかくておいしい。
「リンゴのコンポー生ハム添え」は、
生ハムがおいしくて、意外にもりんごの甘みとばっちり調和している。
「鎌倉野菜のピクルス」は、ピクルスがシャキシャキで味もいい。

SS20101205651.jpg

「旬野菜のせいろ蒸し」は、アツアツのせいろに
かぶ、かぼちゃ、いんげん、トマト、にんじん、パプリカが入っている。
にんにくのきいている、ごまだれに少しつけていただく。
野菜自体の味がしっかりとしていて、口に入れると甘みがひろがってくる。
とてもおいしく、ヘルシーな逸品。

SS20101205657.jpg

「特製デミグラスソースの和風オムライス」は、普通のオムライスとはちょっと違う。
デミグラスソースは、とても濃厚で肉が大きくやわらかい。
ふわふわの卵と上にのっている大葉と卵の中のご飯にまぜこんであるしその実? 
と玉ねぎがミックスして、和風テイストになり、さわやかな後味が残る。
おいしくてすぐに平らげてしまった。


SS20101205659.jpg

「engawaスパイシー鶏カレー」は、
細かく刻んだいろんな野菜のスープにスパイスを入れて丁寧に作った、さらさらのカレー。
真ん中にもられた、チキンがとてもやわらかくジューシー。
気づけば、汗をかきながら、こちらもさらさらと
あっという間に完食!

SS20101205661.jpg

SS20101205673.jpg

そして、最後は、
お好みのプチデザート2種類。
まずは、プチデザートのサンプルが運ばれてきて、
ホワイトチョコのチーズケーキとパンナコッタを選ぶ。
紅茶は、「engawaが厳選した6種のお茶よりお好みの一品」が選べる。
ジャンナッツ、セジュール、そば茶、ブレンド、セイロン、メルシー
の6種類の実際に茶葉の匂いをかいで、選ぶことができる。
この日は、セジュールをチョイス。


SS20101205665.jpg

ガトーショコラは、とても濃厚でコーヒーとよく合う。

時計を見て、びっくり。
こんなにゆっくりとした時間の中で、フルコースを堪能していた。
まさに、葉山時間。
デザートを食べ終わるととても満たされた気持ちになった。

ひとつひとつの料理や気配り、おもてなしに共通して感じるもの、
それは、根底に流れる日本の古き良き食や文化を重んじる心。
奇をてらっているわけではないが、それが少しづつ染み出して
きてこちらに伝わってくるのだろう。

SS20101205636.jpg

この感覚こそが、人と人、人と自然が壁を作らず気さくに触れ合うことができる、
縁側の文化なのかもしれない。

●engawa cafe & restaurant

〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色1664-1
※葉山御用邸、神奈川県立近代美術館葉山館より徒歩1 分電話:046-827-7188
※紹介した写真のメニューは、2010年12月某日のものです。
HP http://www.engawa-hayama.com/


(以下、HPより)
<engawa cafe & restaurant 営業時間>
営業時間 月曜日ー金曜日
11:30ー15:00(ラストオーダー14:00)
※ディナー営業は全館貸切での完全ご予約制でのみご用意させていただいております。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。
<週末カフェ営業:engawa sabô>
毎月一回週末に営業をしております。
営業時間 12:00ー17:00(L.O.16:30)
※翌月の営業日は月末に発表いたします。詳しくは当ホームページの「Blog」ページ
またはお電話にてご確認ください。


<移住者目線>

予約をすることをおススメします。

SSS20101205676.jpg


SS20101205632.jpg


SS20101205629.jpg

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/110
Listed below are links to weblogs that reference
engawaでふれあう、心温まるランチ。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山のお店 > | 葉山のカフェ・スイーツ > | 葉山のグルメ > engawaでふれあう、心温まるランチ。

Feeds

△ページ上部へ