Home > 葉山の景色 > | 葉山の生活/小ネタ > 春の嵐が去り、晴天がやってくる。

春の嵐が去り、晴天がやってくる。

春の嵐の季節がやってきた。
雨と風が荒れ狂い、共演しはじめると誰も手が付けられない。
そんなときは、じっと待つ。BSでイチローの内野安打を見ながら、ただただ待つ。

s20110425798.jpg

嵐が去ると、これ以上ないくらい晴天になる。
海岸には、荒れた海で打ち上げら海藻が散乱。

s20110425761.jpg

晴れるやいなや、みんな急に外に飛び出していく。
目に飛び込んでくるのは、空の青さ、山の緑。

s20110425766.jpg

太陽を反射して、海がキラキラ光る。まだ少し波が残るが、
待ちきれない人たちが海に繰り出している。

s20110425769.jpg

いざ! シーカヤックの隊列が、沖をめざす。

s20110425774.jpg

まだ、上空は風が強い。トンビが風に乗る。気持ちよさそう。
羨望の眼差しで見上げる。

s20110425776.jpg

ビーチでは、ヨットがまさに海に出ようとしている。

s20110425794.jpg

海風が強く、浜辺にいると砂が目にはいってくる。
沖ではウインドサーフィンが、風に乗り、爆発的なスピードで快走する。


s20110425795.jpg

砂浜に整然と並べられたウインドサーフィン。風に飛ばされないように。
まるで羽根を休めるバタフライのようだ。

s20110425796.jpg

嵐から、晴天に。
晴天でありながら、浜には風が吹き荒れる。
沖に一見優雅に佇んで見えるヨット。
近くを風にのり疾走するウインドサーフィン。
ふつうの春の風景だけど、なんかウキウキして見えるのは、気のせいだろうか。
それとも自分の心のありようのせい。

この季節の不安定な、ちょっと浮き足立った感じは、
どこかで聞いたクラッシックのリズムのよう。
軽やかに変化し、いろんな顔を見せる。自分の内面を映し出しているようで、
なんかそわそわして、落ち着かない。
そんな嵐の後の晴天の強い風が、初夏の空気を少しづつ運んでくる。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/123
Listed below are links to weblogs that reference
春の嵐が去り、晴天がやってくる。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山の景色 > | 葉山の生活/小ネタ > 春の嵐が去り、晴天がやってくる。

Feeds

△ページ上部へ