Home > 葉山のお店 > | 葉山のグルメ > | 葉山の手土産 > 「タントテンポ」でイタリア気分。

「タントテンポ」でイタリア気分。

あれは何年前だろうか。
学生の貧乏旅行でイタリアを旅したことがある。
旅といっても目的は、セリエAを生で見ること。
特に、ラッツィオというチームのファンだった。
結局、ローマとフィレンツェで2試合見たが、
いまでもあの興奮は忘れることができない思い出だ。
イタリアの街もぶらぶらと歩いた。
今考えると、もうちょっと歳を重ねてからでないと、本当の
よさはわからないと思う。

s20101205R0017887.jpg


それでも、あの古い街の景観やちょっと立ち寄ったバールで
飲んだエスプレッソの味やパニーノのチーズの匂いまで、
なんだかとてもワクワクさせる国だったことは明確に覚えている。
そんな、イタリアの街角から飛び出してきたようなお店が
葉山にある。
イタリアの街角食料品店、「TANTO TEMPO」タントテンポ)。

s20101205R0017888.jpg

緑と白のストライプが可愛い印象的なお店。
晴れた日がよく似合う。
ワイン好きのお客が来た時や、みんなでわいわい楽しむ時の
ツマミを求めて、ふらりと立ち寄ることが多い。

ss20101128019.jpg

中は、それほど広くない。
日本ではあまり見かけないオシャレなパッケージの雑貨や食材が所狭しと並んでいて、
ディスプレーを見ているだけで楽しい気分になる。
また、ショウケースの中には、パルマ産のプロシュート、サラミ、
チーズ、テリーヌなど、数えきれないほど多くの品々が並んでいる。


ss20101128021.jpg

パスタやワインやオリーブや珍しいスパイスなど輸入食材も豊富。
大好きなチョコレートやビスコッティーもいっぱいある!
目的を持っていったとしても、毎回迷ってしまう。

ss20101128022.jpg

冷蔵庫の中には、自家製惣菜やスイーツが入っている。
バター類、レバーペースト、オリーブ類、ピクルスなどなど。
試食コーナーがあるので、吟味してから買うことができる。
ティラミスとパンナコッタは一度味わってみたいのだが、
まだ味わっていない。

ss20101128658.jpg

迷いに迷って買ったものは、
生ハムとアンチョビバター。
アンチョビのバターは、バケットにつけて食べるとめちゃくちゃ美味しい。

それに、ピクルスと白ワインも追加で購入。
ワイン好きが来るので、ちょっと余分にと思い、
オーナーにこんな感じと伝えると、丁寧に説明してくれた。
見た目も可愛く、すっきりした味わいのワイン「サルデーニャ」を
キリッと冷やして頂く。

ss20110724IMG_8430.jpg

ss20110724IMG_2007.jpg

イタリアには、どこの街にも広場があり、教会があり、そしてバール
やアリメンターリがある。
イタリア人の生活の中に、そして街の風景に自然に溶け込んだ存在だ。
このお店もまさにそんな空気が漂う。
自分のペースでその時の気分でぶらりと立ち寄れる。


このお店に行くと、またイタリアに行きたくなる。
スタジオオリンピコで見た、ジョゼッペ・シニョーリの華麗なプレーは
もう見れないけど、今度は、長友を見に行こう。
そして、あの頃なんの興味もなかった美術館や寺院もゆっくり見たいな。


●タント テンポ (TANTO TEMPO)

住所 神奈川県三浦郡葉山町堀内744-7 ラ・ポール葉山 1F
TEL タントテンポ : 046-801-3620 (FAX共用) クッチーナ : 046-801-7474
ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/tantotempo/
営業時間9:00 ~ 19:00
定休日
タントテンポ : 毎週水曜日
クッチーナ : 毎週火・水曜日

アクセス/134号線・長柄の交差点を 「葉山御用邸」 方面へ
「葉山トンネル」手前の信号を「右折」、右側の 「緑と白のオーニング」 が目印

<移住者目線>

イタリア系食材屋「クッチーナ」。デリも併設しており、店内で食べることもできます。
駐車場は建物に向かって右側の路地を入った裏手2,3番になります。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/109
Listed below are links to weblogs that reference
「タントテンポ」でイタリア気分。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山のお店 > | 葉山のグルメ > | 葉山の手土産 > 「タントテンポ」でイタリア気分。

Feeds

△ページ上部へ