Home > 葉山周辺情報(逗子・南葉山) > 春を告げる「三浦国際市民マラソン」。

春を告げる「三浦国際市民マラソン」。

まだ、葉山で暮らすなんて考えたこともなかった頃から、
湘南に住む先輩に半ば強引に誘われて、
言い換えれば、不思議な縁があってずっと参加していた
「三浦国際市民マラソン」に今年もエントリー。

かれこれ、今回で15回目くらいの出場。
ちょうど今回が30周年記念大会なので、約半分は走っていることになる。

昔は、なんでこんな半島の先っぽまで行って走らなけりゃいけないの、
なんてブツブツいいながら京急に乗っていたっけ。
今では、三浦の春を感じながら走るこのイベントに出ないと、
気持ちが、体が、おさまらない。

だから、毎年、とにかくいい天気の中で走りたくて、天気予報を祈るばかり。
ただ、経験では、すごくいい天気のときと、みぞれだったり、
すごく寒い雨だったりの日とが交互にやってくる。

今年もフタを明けてみると、最高気温が8℃という、
今にも雨が降りだしそうなめちゃくちゃ寒い日。

20120304IMG_6350.jpg

それにしても、体が重いし、若干二日酔いで気持ちがわるい。
というのも、前日から定宿に乗り込み、慰安旅行さながらに、
人事の噂話をツマミに深夜まで深酒がすすみ、コンディション的にはボロボロ。
走り出してからいつも後悔するのだが、ここ15年間まったく学習していない。
本当のアスリートには、失礼な話だが。

すでに勝とうというモチベーションなど、どこかに忘れてきたしまったアラフォーたちが、
戦意を失った目で並んでスタートを待つ。

勝ち負けや、タイムなんかよりも、自分の春からのポストや異動先のことを考えて、
天気同様に暗雲がたちこめて、ブルーな気分いっぱいで、毎度スタートを切る。

しかし、今日のスペシャルゲストは、なんとQちゃん! 金メダリストの高橋尚子だ。
このときばかりは、ランナーとしての湧き上がる一体感と、
ミーハーゴコロに火がつき、よし! 走るか、という気分になった。


20120304IMG_9844.jpg

それにしても、マラソンのTシャツには、やたらとメッセージ性の強いものが多い。
10キロくらいで、笑わせんな......、何も見えねーよ、と鼻で笑い飛ばしながら、
妙に自分のサラリーマン人生と重ね合わせてしまい、
急に呼吸が荒くなり、胸が痛くなり、そして足が重くなった。

そう、ついつい自分と向き合ってしまい、いろいろと考えてしまうのが、
マラソンのいいところでもあり、罪深いところでもある。
私の持論では、マラソン好きは、ドMか、思想家のどちらかだ。


20120304IMG_9928.jpg

ぜいぜい、はあはあ。
しかし、俺って走るのこんなに遅かったっけ。

やはり、明らかに普段の運動不足がたたり、体が悲鳴をあげている。
昔は、陸上部と1、2位を争うくらい、早かったんだけど。
今となっては、こんな遅い集団かー。人生厳しいわ。
明日から必ず走ろ。
など、頭の中で、自分のふがいなさにやるせなくなりながら、
でもいっこうにスピードがあがらない自分に叱咤激励してみる。

20120304IMG_1351.jpg

折り返しをすぎ、やっとリズムに乗ってきて、まわりを眺める余裕が少しだけでてきた。
三浦大根や三浦の野菜はブランドになっているが、よく見ると畑が一面に広がっていた。
いかに、足元か、前の人の背中しか見てなかったことに気づく。

20120304IMG_6240.jpg

残り3キロ。
海を見下ろしながら、長い坂を下って、海沿いの道に出る。
この辺りになると足がそうとうキツイのだが、何回走ってもこのポイントが最高に気持ちいい。

あと、残り2キロくらいになって、なんとかゴールが見えてきたころ、
一瞬夢かと思う光景を目にした。
なんと、沿道にQちゃんが普通に立って声援を送っているではないか!?
すでに限界を超えていたはずの足が、今日一番のスピードでQちゃんのいる沿道に向かい、
ジャンプ一番、左手でハイタッチをかわした。
近くで見るQちゃんは、思った以上に小さく、可愛かった。

マラソンの女神が舞い降りてきたせいか、不思議と足が軽くなって、
後半2キロは、気持ちよく走ることができた。


20120304IMG_4786.jpg

そして、ゴール!
たかが、10キロ、されど10キロ。
10キロは、10キロなりに感動があり、達成感がある。
春の三浦路を走っていつも思うことがある。
歳を重ねるごとに、いろいろあるけど、今年も走れてよかったということ。
そして、また明日からがんばろうと決意が芽生えること。

来年こそは、少しは練習して、もっと早く走りたいな。

●三浦国際市民マラソン

http://www.miura-marathon.com/

平成24年3月4日(日) ※雨天決行
三浦海岸交差点前砂浜


●参加者全員に記念品がもらえる (大会Tシャツと名物の三浦の大根)

s20110306IMG_2023.jpg

・三浦市民マラソンは、JALホノルルマラソンの姉妹レース。
・参加料のうち100円が、東日本大震災の義援金として
日本赤十字社を通じて被災地に寄付される。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/146
Listed below are links to weblogs that reference
春を告げる「三浦国際市民マラソン」。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山周辺情報(逗子・南葉山) > 春を告げる「三浦国際市民マラソン」。

Feeds

△ページ上部へ