Home > 葉山の景色 > | 葉山周辺情報(逗子・南葉山) > 「立石公園」で5月の風に吹かれる。

「立石公園」で5月の風に吹かれる。

ゴールデンウィークの間の国民の祝日。5月5日は、こどもの日。
気のせいか、こどもの日はいつも晴れている気がする。
今年も予想通り、雲ひとつない夏を先取りするような晴天の一日になった。
さあ、どこに行こうか?

20120505tateishi0138.jpg

ゴールデンウィーク前半で遠出をした反動で、後半はもっぱら「安・近・短」。
朝一から向かった先は、切り立った岩と自生する松が作り出す風景が象徴的な
絶景ポイント、「立石公園」。

20120505tateishi0140.jpg

波打ち際に突き出た大きな岩が「立石」と呼ばれる。デカッ。
高さ約12メートル、周囲の長さは約30メートル。三浦7石のひとつに数えられる。
この巨岩は約2,500万年前に海底に積み重なってできた地層が固まり、
長い間波に削られ続けてこのような形になったとのこと。
なんとこの景勝地に魅せられて、あの東海道五十三次で有名な
安藤広重もかつてここを「秋屋ノ里海岸」として描いている。

20120505tateishi0141.jpg

そんな絶景の公園は、案の定ゴールデンウィークのこどもの日ということもあり、
まだ午前中なのに、これでもかというくらいレジャー客がいっぱい。
すでに磯遊びをする子どもたちや、目が結構マジな大人たちが獲物を探していた。


20120505tateishi0142.jpg

突き出た公園の先端から眺める景色は最高で、
意外と近くに伊豆大島や伊豆半島が見える。
そして、まだ雪をかぶった雄大な富士山を見渡せる。

磯の先では釣りをしている人。
クロダイの釣りスポットとしても、有名らしい。
なんとのどかな景色なんだろう。

そして、この景勝地でのツウな過ごし方がある。

20120505tateishi0133.jpg

ひと通り釣りや磯遊びに興じた後は、立石公園のR134をはさんで
目の前にあるマーロウ本店で買った超贅沢プリンを
この絶景を見ながら頂くのが最高!

MARLOWE(マーロウ)は、言わずと知れた、プリンが有名なお店。
ここの焼きプリンは、1984年の秋谷本店の創業以来、
素材にこだわり、体にやさしい手作りの焼きプリンを作っている。

マーロウのプリンの特徴でもある、
フィリップマーロウが描かれた、200CCの大きなビーカーではなく、
この日は、ビールグラスとしても使えそうな、
モマ陶器(白orピンク)入りフレッシュクリームプリン 1個¥787を購入。
ちょっと高いけど、この大きさとこだわりに納得。

20120505SANY0153.jpg

神奈川県景勝50選にも選ばれる巨大な立石を見ながら、
歴史あるお店の巨大な手作り焼きプリンを食べる。
ひんやりとして、口の中でとろける食感と
天然のバニラビーンズの甘いほのかな香が、
カラッとさわやかな5月の潮風と相まって、
夕陽の時間まで、ずっとこのまま、こうしていたいと思ってしまう。

それにしてもこの景色、安藤広重は美しい岬の浮世絵描いた。
ユーミンは、リフレインが叫んだ?
そして、フィリップ・マーロウならどんなキザな台詞をつぶやくのだろうか。

●立石公園

神奈川県横須賀市秋谷3-15
アクセス (公共交通機関)
京急:新逗子駅からバス23分。JR:JR逗子駅からバス25分。
大楠芦名口・市民病院・長井行「立石」下車すぐ。
(車)
横浜横須賀道路逗子IC→逗葉新道→三浦半島中央道路→湘南国際村経由→国道134号線左折200m
駐車場 県営駐車場(無料)60台 7・8月6時~20時 夜間閉門
※県営駐車場に関しての問い合わせ先:046-853-8800(横須賀土木事務所)


<移住者目線>

明治の英照皇太后がこの地を気に入って建てたと言う「御茶寮」(おちゃりょう)のあった場所として有名。
海水浴シーズン時の夜間滞泊は禁止のため、入り口にゲートが設けられている。
行楽シーズン、とくに夏は観光客が多いので、無料駐車場がすぐに満車になる。
早めに行くことをオススメします。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/148
Listed below are links to weblogs that reference
「立石公園」で5月の風に吹かれる。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山の景色 > | 葉山周辺情報(逗子・南葉山) > 「立石公園」で5月の風に吹かれる。

Feeds

△ページ上部へ