Home > 葉山のグルメ > | 葉山の生活/小ネタ > 名店が集う「葉山マーケット日曜朝市」。

名店が集う「葉山マーケット日曜朝市」。

早起きした日曜日の朝、
朝食をどこか外で食べようと考えて、
思いついたのがハヤマ・マーケット日曜朝市。

2013060910.JPG

久しぶりの朝市だったが、なんだかんだ道草をしていると、
鐙摺港に9時半くらいの到着になってしまった。
(正直、10時くらいには売り切れてしまい片付けだすので、朝市通なら引き上げる時間)

2013060911.JPG

すでに人がたくさんいて、「日影茶屋」のケーキ切り落としはすでに売り切れ。
相変わらず、近海で獲れた海産物や野菜や加工食品がたくさん売っていて
買わないつもりでいたのだが、ついつい迷うことに。


2013060905.JPG


葉山の有名店が一同に会しているので、
ここにくれば、ディナーで食べたら結構するようなお店の料理を試食感覚で
食べることができる。


2013060907.JPG


今日は、すでに売り切れも多くて、選択肢が少なかったが、
お目当てのお店の料理をサクッと買って、
いつもの橋の上から漁船とヨットが同居するこの景色を眺めながら遅めの朝食をいただく。


2013060908.JPG

サラマンジェ葉山の名物ともいえる、「オニオングラタンスープ」。
たまねぎの存在すらわからないくらいにとろとろに煮込んであり、
その上からチーズがさらにトロリ。
この相性が最高で美味しくて体が真から温まってくる。

2013060909.JPG


そして、こちらも葉山の隠れ家的な欧風料理のお店「ミラマーレ」の牛スジの煮込み
(400円)。
一見、純和風料理かと思いきや、牛スジがいろんな野菜と一緒に
赤ワインでじっくり煮込まれていて、お肉もたくさん入っている。
ヘルシーでパワーが出てくる朝にオススメの贅沢な一品。


2013060904.JPG

締めは、「ソフトクリーム ログハウス」のソフトクリーム。
久しぶりに食べたが、北海道の牛乳を使用していて、
これが濃厚で、熱いスープを食べた後には、
ちょうどよい甘さが口いっぱいに広がって大満足!


2013060906.JPG


久しぶりに足を運んだ、ハヤマ・マーケット日曜朝市。
漁師さんや農家の人や料理を提供する人たちが、
普段の看板やプライドをかなぐり捨てて、訪れる人たちに腕を振るう。
まるで、初心を忘れないようにするためのプレゼンテーションの場であるかのように。

毎週日曜日、ここから葉山が動きだす。

●葉山マーケット日曜朝市(毎週日曜)

主催:葉山マーケット振興会
電話:046-875-0315(永楽家)
場所:葉山町堀内50-20 漁協会館前(葉山漁港内)
日時:毎週日曜日 
午前8時半~10時半。売り切れ次第終了。
(年頭初年最終の日曜日を除く)
※荒天時中止

アクセス:京浜急行電鉄新逗子駅・JR逗子駅
→京浜急行バス海岸廻り葉山行きで6分、バス停:鐙摺下車、徒歩1分
逗葉新道終点から3分

駐車場有料。 県営駐車場(1時間300円)をご利用ください。

2013060902.JPG


トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.hayamania.com/mt/mt-tb.cgi/174
Listed below are links to weblogs that reference
名店が集う「葉山マーケット日曜朝市」。 from 葉山の魅力を移住者目線で綴る|ハヤマニア / HAYAMANIA

Home > 葉山のグルメ > | 葉山の生活/小ネタ > 名店が集う「葉山マーケット日曜朝市」。

Feeds

△ページ上部へ