Home > 葉山のお店 Archive

葉山のお店 Archive

ハッピー・ファストフード!「Double Sandwich」。

夏が過ぎ、ビーチも落ち着きを取り戻した。
早朝、めっきり秋の風に変わった、ひとけのなくなった浜を歩く。
気持ちのいい9月の朝、目指す先は今年の夏に森戸海岸にオープンしたお店。
「ダブルサンドイッチ(Double Sandwich)」。

20130915IMG_6504.jpg

続きを読む

季節を運ぶ老舗菓子屋「永楽家」。

和菓子好きなもので、たまにぶらりと行きたくなる老舗の和菓子屋さんがある。
小春日和の陽気に誘われて、ちょっと甘いものでもと立ち寄ったお店、
歴史と伝統が息づく葉山の老舗菓子屋「永楽家」。


20130201IMG_6014.jpg

続きを読む

森戸の社交場「菊水亭」で夜の宴を。

東京からお酒好きの友達がぶらりと遊びに来たり、
たまには家族そろって外でご飯でも......、なんてときは、
森戸海岸のすぐ近くにある、ポップな黄色の外観のお店に足が向く。

20120220IMG_5640.jpg

続きを読む

「焼肉レストラン友琉館」で家族団欒。

たまに無性に肉が食べたくなるときがある。
しかも、家ではなく、お店でジュウジュウとみんなで。

20111125573.jpg

続きを読む

魚料理「なじま」で昼から魚ずくし。

雨あがりの初秋に東京から魚好きの客人が葉山を訪れた。
魚佐? という選択肢もあったが、並ぶのもちょっとなぁというのと、
座敷でゆっくりと話をしたかったので、前もって
懐かしいたたずまいの日本家屋で食べる魚料理のお店を予約しておいた。

20111011IMG_1959[1].jpg


続きを読む

海の家「FLAT」の盛岡冷麺。

8月も残すところあと10日。
気づけば、ほとんど夏らしいことしてない。
この週末こそ、失われた夏をとりもどすぞー、と
あえて、お天気お姉さんの忠告を聞かないふりをして、
意気込んで浜にダッシュで出てみた。

s20110821IMG_6178.jpg

続きを読む

「タントテンポ」でイタリア気分。

あれは何年前だろうか。
学生の貧乏旅行でイタリアを旅したことがある。
旅といっても目的は、セリエAを生で見ること。
特に、ラッツィオというチームのファンだった。
結局、ローマとフィレンツェで2試合見たが、
いまでもあの興奮は忘れることができない思い出だ。
イタリアの街もぶらぶらと歩いた。
今考えると、もうちょっと歳を重ねてからでないと、本当の
よさはわからないと思う。

s20101205R0017887.jpg

続きを読む

家まで待てない「ブレドール」のパン。

休日はなぜか朝からおなかがすく。
無性に焼きたてのおいしいパンが食べたくなり、
とりつかれたようにR134を走り、葉山大道の信号を横須賀方面にハンドルをきる。

s20101128R0015567.jpg

続きを読む

水筒男子with 「THE FIVE BEANS」。

最近流行りの水筒男子ならぬ水筒オヤジになってしばらく経つ。
水筒オヤジになるキッカケは、会社の部署の引っ越しの時に
デスクの上に散乱した缶コーヒーの山に愕然としてから。

いったい一日にどれだけの不健康なラテマネーを使ってるんだ。
毎日積み重なる小銭の山と自分の胃袋に吸収される糖質だとかを想像しながら、
こんなことなら本格的なおいしい珈琲が飲めちゃうのでは? ということで
入社15年くらい慣れ親しんだブルーワーカーな日々にいったんピリオドを打ち、
サステイナブルな社会、いやサステイナブルな自分の体、そして財布を目指して、
一色にある小さなお店の力をかりて、小さな自己改革がスタートした。

ss20110327R0018121.jpg

続きを読む

engawaでふれあう、心温まるランチ。


太陽の光が最高に気持ちいい冬の或る日。
久しぶりに代休がとれたので、平日しかいけないところはないかと考え、
海岸通りから入り、細い路地を歩いて、一軒のお店に向かった。

SS20101205679.jpg

続きを読む

海辺のファミレス「葉山デニーズ」。

秋晴れの土曜日。
東京から嫁の後輩で20代の女性が湘南新宿ラインで
ふらりと遊びにきた。

逗子駅まで迎えに行くと、東京はすでに秋ものファッションらしく
こちらの真夏と変わらない格好にまずはびっくり。
ついでに、車のパワーウインドウがちょっと前から壊れていて、
窓が開かないのにもびっくり。
葉山の風を感じてもらうのは、少しがまんしてもらう。


s20101017R0017486.jpg

続きを読む

「サンルイ島」で甘く贅沢な時間を。

秋雨前線におおわれた連休の中日、気分はとってもブルー。
こんな日は、すこし自分に甘くなってもいい。
夏の疲れを癒すべく、ご褒美においしいスイーツでも......ということで、
本場パリの味を提供してくれるフランス菓子のお店に向かった。

○s20100924R0017335.jpg


続きを読む

イル・リフージョでサルデーニャを想う。

異常気象のものすごく暑い夏。
そして、それに比例してか、ものすごく忙しかった夏。
個人的にもいろいろとあり、ゆっくりと自分を見つめる余裕すらなかった2010年の夏。

そんな人生においても忘れることがないであろう、
葉山に引っ越して3度目の夏の終わりのつかのまの休日に、
東京から来た食通の客人を連れてずっと行ってみたかったイタリアンのお店に向かった。

sss20100830015.jpg

続きを読む

葉山の豆腐屋さん「高梨豆腐店」。

夏が近づき、蒸し暑い日々がつづくようになると
無性にうまい冷奴が恋しくなる。

豆腐好きとしては、どうせならおいしい手作りの豆腐にこだわりたい。
そのな時は決まって、明治時代からやっている老舗の豆腐屋さん
「高梨豆腐店」にふらりと立ち寄る。

s20100613172.jpg

続きを読む

石原裕次郎が愛した中華「海狼」。

週末、東京から大切な夫婦の客人が遊びにきていた。
せっかくなのでランチでも一緒にということになり、
失敗ができないので食べログでも検索しようかな......と思っていた矢先に
あの看板が頭にひらめいた。

そうだ! こんな時こそ、行きたいけど普段は敷居が高くてなかなか入れない
あのお店にいこう。

20100327R0015918.jpg

続きを読む

葉山の「Lana'i Cafe」でハワイの朝を。

晴れて爽やかな冬の朝は、なんかウキウキして外に飛び出したくなる。
久しぶりに朝食を外でと思い、とくにあてもなく散歩がてら歩く。
葉山の朝の空気は気持ちいい。

s20100123056.jpg

続きを読む

老舗カフェ「CHAYA」で贅沢な時間を。

夏、秋と一番賑わいをみせる季節がめぐり、
本格的な冬が葉山にも到来。

こんな季節は、冬晴れのあったかい午後に、
ふとんを干してからぶらり散歩がてら外に出る。
そして、夏場は賑わっていてなかなか入れない人気店の
カフェでゆっくりするのがいい。

あの老舗料亭「日影茶屋」がやっているパティスリー、
「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ葉山本店 」。

○ssssR0014897.jpg


続きを読む

地元のとんかつ屋「しょうざん」。

湘南マラソンを明日にひかえ、無性にとんかつが食べたくなって、
迷わず行ってみたのが、
地元民に愛される、美味しいとんかつのお店「食事処 しょうざん」。

やはり葉山のとんかつといえばここ。

ssssR0014620.jpg

続きを読む

葉山の草・花屋、「葉和屋(はなや)」。

あまりの天気のよさに、R134をぶらぶらと散歩しながら、
町役場から葉山大道方面に歩いていると、見慣れない花屋を発見。

この秋にオープンしたばかりの、葉山らしいお洒落でかわいい花屋「葉和屋」。
「はなや」と呼ぶらしい。

ssssR0014419.jpg

続きを読む

葉山人の足、「げんべい」のビーサン。

葉山のアイデンティティって? と聞かれたら
"ビーサン"と答えるかもしれない。

365日、24時間、季節が移ろうが関係なく、
子供からお金持ちそうな人まで足元はきまってこれだ。

ssssR0014035.jpg

続きを読む

住宅街に潜む、天婦羅の「天康」。

お祝ごとがあり、お昼に天ぷらを食べに行くことに。

おもてなしをするということもあり、事前に「葉山の天ぷら」でリサーチをすると、
捜査線上にひとつの名店が浮かびあがった。

相鉄ローゼンの交差点を右折して、住宅街の中の道を200mほど進むと
右手に3階建てのお洒落なテナントビルがあり、その2階に目的のお店があった。

「天康(てんこう)」。
一見、フレンチかイタリアンかと思わせるたたずまい。

ssImage316.jpg

続きを読む

「桜花園」で古きをたずねる。

前から気になっていた、古材や古道具をあつかうお店
「桜花園」を訪れる。

樹木でおおわれたお店は、風通しがよく完全にオープン状態。

s○158.jpg

続きを読む

森戸海岸の海の家2009はじまる。

7月11日、森戸海水浴場をはじめ、一色海水浴場、長者ヶ崎・大浜海水浴場
など葉山の海がいっせいに海開き!

昼過ぎに森戸のビーチに行ってみるとすでに多くの人でにぎわっていた。

●ss021.jpg

●ss017.jpg

続きを読む

「若宮陶器」で陶器が語る。

「器」なんて気にしたこともなかった。
新宿の雑居ビルから引っ越してきた時は、引き出物でもらったバラバラの器ばかり。
そういえば、一人暮らしのときは皿や器というものをまったく意識したことがなかった。

でも、最近気になる。
そこで、今日も最近散歩コースの起点にもなっている「若宮陶器」へ。

●R0012854.jpg

続きを読む

Index of all entries

Home > 葉山のお店 Archive

Feeds

△ページ上部へ